意外と知らない!うつ病の治療法3つご紹介

とにかく休みを取るのが一番!

うつ病の原因の多くがストレスによるモノですが、ストレスの多くは休む事によって軽減するケースがあります。仕事・家事・人間関係などストレスの根源から引き離しゆっくりとリラックスした状態で休ませます。しかし経済的に仕事を長期休めないのが現状ですから、可能な限り休み薬剤療法などの他の治療法と併用すると効果がアップします。ゆっくりと横になって1日中寝ているのが一番の治療法で精神医学的にも効果が実証されています。

薬剤療法による治療法

抗うつ薬で治療するケースが多いですが、副作用が強かったり体質に合わないなど処方する量によって変化したりするので難しい治療法です。近年はSSRIと呼ばれるセロトニン再取り込み阻害薬など副作用の少ない薬剤も開発され、安定した薬剤療法が可能になりました。自律神経のバランスを整え、意欲を高められるので感情面のサポートが可能です。薬剤は効果が現れるのがゆっくりの為に副作用だけを先に強く感じやすいので合わないと思ったら医師と相談します。

精神療法とは何?どんな治療法?

精神療法は認知行動療法が有名で、考え方などをマイナスの方向からプラスの方向にカウンセリングで導いたり、目標を達成させる事で治療を進める方法です。薬剤などと併用して行う治療法で回復期と呼ばれる時期に行うケースが殆どです。ぶり返し易い回復期は薬剤を減らしていくので、精神療法でサポートするような形になり仕上げと言っても過言ではありません。他に頭皮に電極を付けて刺激を与える治療法があり薬剤療法の効果が得られなかった・薬剤が服用出来ない人に有効とされています。

うつを思われる症状が見受けられたら注意が必要です。早めに適切な医療機関を訪れて、うつの診断を依頼しましょう。